ウェザーマスター コクーンはランドロックよりも高機能?価格やセット内容が魅力的

どうも!ゴールデンウィークに2回キャンプを予定しているUrasamです。

今日はその準備のためにアウトドアショップまで足を運び、足りないものがないか物色してきました。

そこのアウトドアショップにはコールマンのツールームテントのウェザーマスター コクーンが展示されていて、箱にはコクーンIIIと表示されていたので新しいバージョンが出たんだと見てきました。

せっかくコールマンのスタッフさんがいたのに、あいにく接客中だったので詳しい話は聞けませんでしたが、ランドロックとの違いを見てきました。

ということで今回は、ウェザーマスター コクーンとランドロックの違いを比べていきます。

サイズの違い

ランドロックよりも天井が15cmほど高く220cmです。

全長もランドロックよりも45cmほど長く670cmもありますので、ランドロックよりも区画サイトでの設営に制限が出てきそうです…

ちなみにランドロックは70㎡の区画サイトで車を置いたらギリギリ入るくらいでした^_^;

機能の違い

サイドウォールが付いている

コクーンのキャノピーにはサイドウォールが付いています。

ランドロックPro.はついていますが通常のランドロックにはついていません…

トルテュPro.にはついているので、この点で最後までどちらにしようか迷っていた部分でしたので、このあたりは正直いいなと思いましたw

嵐や雷の予報でない限り雨でもキャンプに行くタイプなので、サイドウォールで風雨の吹き込みを防げるのはかなりポイントが高いです。

ルーフ部に採光窓が付いている

これも結構惹かれましたが、よくよく考えてみると日除けの方が大切なので実際使うかどうかわからないですねw

ただ、車でもルーフに窓が付いているとなんかワクワクしますよねw

セット内容と価格の違い

この点はさすがコールマンとしか言えませんね。

フライシートとアップライトポールが付いています。

ペグはコクーンもランドロックどちらも使えませんので、どっこいどっこい…

ハンマーについては貧弱なので同梱せずに安くしろ!っていうのがユーザーの本音でしょうかw

価格の比較

わかりやすく全て税込にしました。

  コクーン ランドロック
本体 162,000円 171,720円
フライシート 0円 12,744円
アップライトポール 0円 7,992円
グランドシート 10,476円 10,584円
インナーマット 10,800円 28,944円
合計 183,276円 231,990円

所有していながらも、「うわっ、ランドロック高い…」って思ってしましたw

インナーマットについては、コクーンのものはマットというよりもカーペットで硬くゴミも目立つそうです^_^;

別にマットを用意する人が多いのが現状ですね。

ちなみにランドロックのインナーマットの方が性能としては高いので仕方がない部分もありますね。

対応人数の違い

コクーンは4〜6人で、ランドロックは6人とされています。

実際は4〜5人が適当な人数になりますね。

我が家は荷物が多いので4人が限界っぽいですw

インナーテントの違い

ランドロックより少し小さいため、その分リビングスペースが広くなっていますのでリビングを重要視するならコクーンがいいかもしれません。

ランドロックのインナーテントは4人で使っても余裕があり、もう少し小さくしてリビングスペースを広く使えればいいなと思っています。

それでもランドロックのリビングも十分に広いですがw

ペンチレーションの大きさ

ベンチレーションはコクーンの方が大きくて1箇所でランドロックは小さいのが2箇所あります。

ただこれに至っては上手に外気を取り込んで排気することが大切なので大きさよりも2箇所ある方が理に適っていると考えています。

ただ、リビングで卓上BBQコンロを使うのであれば天井に大きなものがあるといいですね!

ランドロックの場合は、リビング内で焼肉やるときは窓を少し開けてやっていますのであまり気にすることでもないような部分です。

耐水性の違い

コクーンは3,000mmまで耐水性があり、ランドロックのルーフは3,000mmなので差はあまりなさそうです。

コクーンの側面が3000mmだとすると、差が出てくるのは側面のウォールでしょうね。

大雨が1500mm相当を想定していますので、1800mmの耐水性でも耐えられない横殴りの雨なら、耐風性の方が気になるところですw

コクーンの生地の厚さは210Dでランドロックは150Dなので厚さはコクーンです、見た感じではランドロックの方が生地が厚く遮光性が高いような気がしましたw

フレーム構造の違い

基本構造はランドロックと似ています。

大きな違いはランドロックはセンターフレームが1本ですが、コクーンはセンターフレームが両サイドに2本なので幕内の有効スペースが広くなっています。

この構造のためか中央のCフレームが三又になっているんでしょうね。

設営の難易度

設営の難易度はコクーンの方が高めですが、一人での設営もできそうなので慣れてしまえば結局同じでしょうねw

ただコクーンの設営動画を見ると幕体の立ち上げが大変そうではありました。

その点はランドロックの方が楽なのかもしれませんね。

どちらもダメな点

リビング部分にランタンフックが付いていない…

もう何やってんの!?って言いたくなりましたw

構造上に無理があるのかもしれませんが、そこはマジで不便なのでなんとかして欲しいところです(切実)

最後に

性能の差は数値上では耐水性ぐらいですのであまり変わらないですね^_^;

機能面としてはサイドウォールは本当に惹かれます。

デザインについては人それぞれですが、個人的にランドロック推しです。

また、オプションはお金がかかりますがスノーピークの方がこだわっているような印象。

このあたりは予算やデザイン、所有感、好きなブランドだからって理由で決める感じでしょうけど、どちらを買っても満足いくものですね!