キャンプでの子ども用2〜3人掛けチェアはトリプルチェアがおすすめ!その使用感をレビュー

どうも!キャンプシーズンが始まり更にキャンプ熱上昇中のUrasamです。

ほとんどのメーカーからは2人掛けのものばかりですが、そんな中「こんなものがあったら」をカタチにするクオルツらしく3人掛けのチェアを販売しています。

先日のキャンプでさっそくクオルツのトリプルチェアを使ってみたのでレビューとおすすめするポイントを紹介していきます。

トリプルチェアの基本スペック

サイズ

使用時:幅126×奥行48×高さ69cm
収納時:28×70×厚み15cm

座面の高さは31cmなのでローチェアですね!

価格

4,298円(税込)と、クオリティの高さを考えるとコスパがかなり高いです。

カラー

オリーブとレッドがあり、僕はレッドを買いました。

素材

金属部分は鋼で、さらに樹脂塗装されているので錆びにくいです。

座面はポリエステルなので、多少の汚れは拭けば問題ありません。

トリプルチェアは子ども2人にはぴったり

このチェアはロータイプなので、小さい子どもでも座ったり立ったりするのが楽です。

大人3人では少し窮屈ですが、子どもなら3人でもゆったり座れます。

子ども用として買いましたが、大人2人なら問題ありませんよ〜

とても安定していて倒れない

僕は子どもを座らせるチェアを選ぶポイントで安定性を重視しています。

なんせ子どもはイスを揺すったりするので倒れる心配がありますよね。

最初はヘリノックスのチェアワン ミニを考えていたのですが、店頭で座らせてみると立つ時に前に倒れてしまいました…

トリプルチェアは3人掛けということもあり横幅があるため、横に倒れることはまずありません。

このチェアは少し重いのですが、その重さによって安定していると思います。

背もたれに身を預けても後ろにも倒れる心配はほとんどないでしょう。

とても安定しているチェアであることは間違いありません。

座り心地

奥行き丁度よくゆったり座れます。

ソファタイプのチェアは腿の裏にパイプが当たり座りにくいものが多いのですが、このチェアにはそれがないため脚が痛くなることはありません。

ちなみに座面がフラットではありませんが、凹凸があまりに気にならないので横になって昼寝できますw

2人掛けではなく3人掛けを選んだ理由

このチェアを選んだ理由は子ども3人でも大人2人でも使えるようにするためです。

2人掛けのチェアも検討していましたが、大人2人で座ると結構窮屈なものが多く、結局のところ1人用のチェアとして使うようになってしまうんじゃないかと感じました。

背もたれのないベンチタイプもいいと思いましたが、後ろに転倒する危険や遊んで疲れた体を休ませるためにも背もたれがあった方がいいと最終的にはこのような判断になりました。

荷物置き場にも最適

子どもが触るため基本的に収納ボックスに入れたままにしています。

コーナンラックのような棚を持って行くことはないので、ちょっと物を置きたいという場所がありませんでした。

このチェアは広いため子どもを座らせてもスペースがあるため、荷物を置きながらも座れるというのがGoodです!

また、撤収時にもかなり役立ちましたよ^_^v

チェアの背後ポケットが便利

チェアの背後にメッシュのポケットが付いています。

これが意外とに便利で小物が結構入れられます。

僕は嵩張りがちな食材を入れていたビニール袋などを入れていますよ。

収納スペースの節約にも

収納時のサイズは28×70×15cmで2人用チェアとほぼ同じくらいのサイズでフォールディングチェア2つ分より小さいです。

長さが70cmなので、スノーピークのローチェア(そもそもスノピのローチェアは大きすぎw)よりも車に載せやすいですね。

このチェアが1つあれば3人まで対応できるので、子どもが増えた場合でも車の中がイスだらけということを避けられます。

最後に

3人掛けのチェアはめずらしいですよね。

まさにこんなものがあったらって思っていた矢先に見つけたものなので即買いでしたw

欲を言うと、両サイドに折りたためる肘掛があると良かったのかなと思いました。

クオルツ自体リーズナブルで作りもしっかりしているので、低予算でキャンプを始めたい人にはおすすめですよ〜

クオルツがアウトドア初心者におすすめの理由とは?デザインとコスパが魅力
どうも!前々から気になっていたクオルツをWILD-1で実際に見てきたUrasamです。 クオルツの製品は低価格なのに、デザインもよく、しっかり作られています。…