幼児でも安全に楽しめるキャンプ場選び7つのポイント

1歳ぐらいの子どもと楽しめるようにファミリーキャンプ初心者のためにキャンプ場選びのポイントを紹介します!で、幼児を連れたファミリーキャンプは安心・安全・快適が大前提。
そこで最も重要なのはキャンプ場選びなんです。基本的にキャンプ場って危険がいっぱい。坂道があったり段差があったりと幼児にとって危ないです。だからキャンプ場で安全の度合いが変わってきます。
快適さは結局は季節や気候・天気によるところが大きいから、まあ運次第になるんだけどそれでも時期を選べば過ごしやすくなりますね。
それでは選ぶポイントを紹介します!

高規格のキャンプ場がオススメ!

高規格キャンプ場とは、簡単に言うとキャンプ初心者でも安心&快適に過ごせるキャンプ場のこと。トイレなど設備が充実&キレイ、場所にもよるけど管理人が24時間対応していることです。初めてなら絶対に高規格のキャンプ場がおすすめです。だいたいそういうキャンプ場は温泉やスーパー・コンビニなどの周辺施設も充実しているので何か忘れてもすぐに買い足せるから安心。

ただ僕の知っているキャンプ場では、24時間対応って書いてあっても管理人さんがキャンプ場で寝泊まりしていて起こすのが申し訳ないような気もしますが緊急時は突撃しましょうw

芝生や広い平地があるキャンプ場なら安全!

うちの子どももそうだったけど、まだしっかり歩けない幼児だとちょっとした坂道(下り坂)や段差があるだけで転んじゃいます。しかも上手に手を着けないから顔面から転ぶなんてこともあります。さらに砂利だと流血なんてことも…。うちの子どもは鼻を擦りむいちゃいました。下り坂で転がっちゃうと本当に危険だから芝生で広い平地のキャンプ場が絶対にオススメ!

予約ができる

高規格キャンプ場であれば、だいたい予約できるから問題ないと思うけど念のためです。幼児を連れていくキャンプはなかなか予定通りにいかないからキャンプ場だけでもしっかり抑えておこう。区画サイトであれば混んでいてもお隣さんと距離を保てます。フリーサイトだとキャンプ場によってはキャパがいっぱいでも入れちゃったりするから安全のためにも区画サイト推しです。

近くに救急病院がある

最悪の話、子どもがケガした 、虫刺されがひどくなった、急に熱が出たってトラブルはよく起きますよね。そんなときに近くに病院があれば安心です。だいたい熱が出たー風邪ひいたーなんて夜になってわかることも。車で20分〜30分程度であれば近いと言えるんじゃないかなー。そりゃもっと近いに越したことはないんですけどね!

自宅から1〜2時間程度の距離

できるかぎり自宅から近いキャンプ場を選びましょう。子どもも長時間移動だと疲れちゃうし、サクッと行って帰ってこれる安心感は何ものにも代えがたい!何より帰りのときに撤収やらでヘトヘトになってからの運転は危ないから無理はしないように。

キャンセル料がかからない

これってね、幼児と行くキャンプの場合に意外と重要な要素なんです。
雨が降ったりすると「キャンセル料はいらないよ〜」って言ってくれるやっさしいところもあるけど、子どもが急に熱出して行けませんだと楽しんでもないのにお金が出ていっちゃうからね。楽しみにしていたキャンプに行けないのにお金も出て行ってしまう泣きっ面に蜂状態じゃ目も当てられません!

快適に過ごすために

結局のところ快適に過ごせるかどうかは季節や気候・天気が大きく左右します。
じゃあ、いつがいいかっていうと実際に行ってみて秋が一番快適だったな〜
デビューが5月のゴールデンウィークだったけど、この時期も過ごしやすいです。
ただ、その時期からは混み始めるのでちょっといい寝袋買って4月から行くのもありかなと。

番外.近くに温泉(入浴)施設がある

僕が温泉好きということもあるけど、とても大事なことです。僕はお酒も飲むから徒歩で行けるところがあればベスト!基本的に運動不足だからちょっと設営すると足腰がね…温泉にゆったり浸かると楽になるし、親も子どものキレイさっぱりして過ごしたいものです。といっても幼児と一緒に風呂にはいるのはなかなか骨が折れるわ(汗)これで奥さんも不機嫌になる確率はグーンと下がること間違いなし!そのあとのビールもまた格別です!!

ちなみにキャンプ場の近くにある温泉施設は割りとおむつしている子がいてもOKな感じですが、やはり基本的にNGなので事前に確認しておきましょう。

まとめ

役に立つ情報になりましたか?家族の安全や安心を考えると行けるキャンプ場は限られてしまうのは仕方がないけど、それでも十分楽しめるのでネットや雑誌などで情報収集してぜひお気に入りのキャンプ場を見つけてください。