ダッチオーブンはどれがオススメ?僕がユニフレームのダッチオーブンを買った理由

どうもUrasamです。

今回は僕がユニフレームのダッチオーブンを買った理由を紹介します。
もしどのダッチオーブンを選んで良いかわからない人は参考にしてください。

ダッチオーブンがあると、キャンプでの料理の幅がとても広がります。
例えば、オーブン料理や蒸し料理などです。今まで僕がキャンプすると鉄板(または網)で焼く、鍋で煮るが中心でしたが、そこに蒸したりオーブン料理ができるようになるわけです。
ダッチオーブンがあれば、これひとつで大概の料理はできてしまいます。

それでいざダッチオーブンを買うとなると何を買って良いのか迷うと思います。(自分もそうでしたw)今は色々なタイプがあるので、自分のスタイルに合ったものを見つけてください。

メーカーによる違い

ダッチオーブンを製造・販売しているところは、

  • ユニフレーム
  • LODGE(ロッジ)
  • SOTO(新富士バーナー)
  • スノーピーク
  • コールマン
  • ロゴス
  • キャプテンスタッグ
  • OIGEN
  • OIJIN

あたりでしょうか?今回は下記のメーカーで簡単に比較してみます。

  ユニフレーム LODGE SOTO スノーピーク コールマン
素材  黒皮鉄板 鋳鉄 ステンレス ダクタイル鋳鉄 鋳鉄
 シーズニング 必要 必要 不要 不要 不要
 メンテナンス 簡単 大変 とても簡単 普通 大変
 洗剤 不可 不可 不可
 IH 対応 不可 対応 対応 不明

ざっとですが、こんな感じになりました。

素材について

鋳鉄

もっとも一般的な素材ですが、錆びやすいためメンテナンスをしっかり行う必要があります。
ただ使い込んでいくにつれて油が染み込み焦げつきにくくなり、育てていく感覚があります。玄人キャンパーをこれを「ブラックポット」と呼んでいてグッとくる黒光りの状態になります。皆これを目指して丁寧に使い続けます。

落とした衝撃で割れてしまったり、熱された状態で水を入れるとひび割れたりしてしまうので取り扱いが難しい素材です。

黒皮鉄板

特殊な塗装を製造過程で行い、この塗装は簡単には剥がれないので洗剤や金タワシで洗っても問題ありません。洗剤で洗えるというのはとても大きなメリットです。とてもいい素材ですが割高です。衝撃に強く割れにくく、急激な温度変化にも強いです。(僕は割と慎重派なので、大切に扱っていますw)

ステンレス

シーズニング不要で、洗剤や金タワシが使えます。
ダッチオーブンで使われる素材で最も優れた素材と言えますが、ステンレスだけあって高いです。

ダクタイル鋳鉄

急激な温度変化や衝撃に耐えられるように強度の向上しつつ、さらに軽量化された素材です。 ダクタイルとは「強靭な」という意味です。

シーズニングについて

シーズニングとは、使用する前に表面に塗られたサビ防止剤を焼き切る作業のことです。簡単に説明すると、黒皮鉄板はガスコンロなどで煙が出なくなるまで空焼きし、タマネギやニンジンなどのクズ野菜をオリーブ油で炒めて鉄の臭いをなくしたり、鉄に油を馴染ませる作業です。「使い慣らし」「焼き慣らし」とも言われたりします。

シーズニングは基本的に最初だけ行うものですので、シーズニングがあるからといって大きなデメリットにならないと思います。

シーズニングが必要なものは、メーカーが推奨する方法でシーズニングを行ってくださいね。

メンテナンスについて

どのダッチオーブンを選ぶかで、重要になってくるのがメンテナンスが簡単かどうかです。
メンテナンスが大変で使うのに躊躇してまっては意味がありませんからね。
使用直後や長期間使わない時にそれぞれ適切なメンテナンスを行ってください。

僕は、鋳鉄のようにメンテナンスが大変なのが嫌だと思ったのですが、かといってステンレスのように簡単すぎるのも味気ないと思い黒皮鉄板が良いと思ったのがユニフレームを選んだ理由のひとつです。

洗剤が使えるかどうかがポイント

鋳鉄やダクタイル鋳鉄は洗剤で洗ってしまうとサビの原因になってしまうので、水洗いした後に汚れを焼き切り、その後油を馴染ませます。また、金属製のタワシの使用はNGです。
LODGEの公式サイトでは止むえず家庭用洗剤を使いたい場合は重曹を使うことを推奨していますので綺麗に洗えないことはなさそうです。

黒皮鉄板は家庭用洗剤で洗え、さらに金属製のタワシも使えます。
洗った後は、乾燥後に油を塗ってサビを防ぎます。黒皮鉄板はサビにくいというだけなので、油でサビから守る必要はあります。

ステンレスは、家庭用の洗剤で洗えて金属製のタワシも使えます。
ステンレスはとてもサビにくいので乾燥後に油を塗るなど防サビの処理は必要ありません。

家庭でも使うならIH対応がおすすめ

まず、家庭での使用が向かないのがLOGDEです。ダッチオーブンに脚が付いているため、ガスコンロでの使用でも不向きでIHにも対応していません。

選ぶときのサイズについて

僕が調べたところ、大体のメーカーは8インチ、10インチ、12インチで販売しています。
スノーピークについては1サイズのみで、1インチ2.54cmですからポットがφ268なので10インチ程度ですね。

初めてダッチオーブンを買うなら10インチがいいと思います。何を作るかにもよりますがカレーなどの鍋料理であれば大体4人から5人分作れます。6人以上で行く予定があるのであれば、12インチが良さそうです。ただ12インチはかなり大きいので3人家族であったとしても10インチがいいですね。

何を基準に選ぶのか

僕の場合は、LODGEとユニフレーム、SOTOの3つで迷いました。
ブラックポットに育て上げてみたい人はLODGEを選ぶといいと思います。
僕もブラックポットにしたい気持ちはとてもわかります。道具に愛着を持つというのはなんといいますか男のロマンを感じます。

メンテナンスの容易さが重要であると感じる人はSOTOがいいと思います。
やはり気軽に使えるというのは大きなメリットです。

僕がユニフレームを選んだ理由

最後になりますが、僕がユニフレームを選んだ理由はすべての要素がいいとこ取りだったからです。

簡単にまとめますと、

  • 衝撃に強い
  • サビにくい
  • 取り扱いが比較的簡単
  • メンテナンスが比較的簡単
  • IH対応
  • デザインや色が良い

になります。

ここで初めてデザインの要素を出しましたが、ダッチオーブンのイメージで黒ですよね?どうしてもSOTOのステンレスが僕にはしっくりこなかったんです。黒皮鉄板は黒いと言えば黒いのですが光が当たると少し紺色に見えます。ただ使っていくうちに真っ黒になりますので問題なしですw