大型BBQコンロはキャンプでは使えない?どうせ買うなら焚き火台を買うべき理由とは?

どうも!河原の土手沿いに植えてある桜を見て春の訪れに身を躍らせるUrasamです。

そんな中、河原でBBQをやっている2グループを見かけ「いいなぁ〜」と思わず我が家もBBQしようと嫁さんに懇願してみたもののあっさり一蹴されてしまいガッカリしてしましたw

それはさておき、本題のBBQコンロについてですが、これってキャンプでは使えないなと…

BBQコンロと焚き火台は似て非なるもの、これからキャンプ初心者が買わないように注意を含めて、今回はBBQコンロを買うなら焚き火台を買うべき理由を紹介します。

折り畳んでも大きすぎて嵩張る

キャンプでは、テントや寝袋など様々なものを持って行くことになります。

一泊するだけでもそれなりに物が多くなりますので、コンパクトにならないものは基本的にキャンプ道具としては向かないと言えます。

キャンプでも使うことを想定しているなら、ホームセンターで売っているような大型のBBQコンロはNGですから気をつけてください。

大人数でのキャンプを想定したとしても、これはキャンプ場でレンタルするのが賢明ですね!

大人数でBBQをやるならレンタルがおすすめ

大人数でのBBQはどうしたらいいんだよ!って声が聞こえてきそうですw

そんな時はレンタルがおすすめです!

BBQって年に何回やります?

3回以下なら迷わずレンタルです!

僕の地元のお肉屋さんはBBQシーズンになるとお肉を買えば大型のBBQコンロや鉄板などを安く(または無料で)貸し出してくれます。

あんな大きなものを買ってどこのしまうのか困ってしまうのでレンタルしましょう!

ちなみに知人の家では軒先に出しっぱなしで錆びてしまって使うたびに錆びを落とすところからやってますから、そんなことにならないようにしてくださいね^_^

焚き火台をおすすめする理由

BBQコンロは調理専用なので、調理するときはやはり便利です。

しかし、焚き火台も十分にBBQコンロの代わりになりますから、1つで2役になります。

さらにダッチオーブンを使うなら3役と汎用性が高いのでおすすめです。

そもそも焚き火台はキャンプで使うことを想定しているのでコンパクトに収納できるものが多いので、少し高くても焚き火台を買った方が色々使えて便利です。

焚き火台でもBBQは全く問題なくできるので、それであればキャンプでもBBQでも使える焚き火台を買った方が無駄がないですね!

初心者が買うならこの焚き火台

キャンプ場で必ず見かける焚き火台のベストセラーのユニフレームのファイヤーグリルがおすすめです。

食べ物を焼きながら炭を足すのに非常に楽で、収納時もコンパクト。

安定感も高く、耐久性もあるため初心者にも扱いやすいです。

BBQコンロと焚き火台の違い

BBQコンロの方が熱効率がいい

大きな違いは、BBQコンロは側面が深いため、熱をグリルに当てやすいということが挙げられます。

焚き火台は、薪を焼くことを想定しているので、灯りとなる火にするため空気を多く取り込む必要があるため、側面が浅く熱が逃げやすくなります。

ですから、同じ火力でも焚き火台に比べてBBQコンロの方が食べ物を焼くのに適しています。

そのあたりは調理専用だけあってBBQコンロの方が便利だと言えますね。

立って調理するのならBBQコンロ

BBQコンロは脚が長いものが多いので、立ちながら調理することを前提にしています。

焚き火台は重い薪を乗せるので、重心を低くするために高さがあまりありません。

ただ最近ではBBQコンロも脚を短くできるものもありますね。

キャンプ用にBBQコンロを買うならこれ!

焼肉のように座って食べ物を焼きたい人は、大型のBBQコンロよりも卓上で使える小型のコンロの方がおすすめです。

ちなみに僕は座って焼肉風にやりたい派で、コールマンの小さめのBBQコンロを使っています。

ただ、小さめと言っても使用時のサイズ=収納時のサイズなのでキャンプには持って行くことは車載に余裕があるときだけですがw

僕が一番ほしいのは、ユニフレームのユニセラですね!

セラミックで熱を反射させて、炭の使用量を減らすことができ、さらに収納時のサイズがとても小さいのでキャンプ向きのBBQコンロです。

熱燗や焼き鳥、おでんと言ったオプションが豊富なのも魅力ですね!

まとめ

  • 大型BBQコンロは買わずにレンタルすべし
  • どうせ買うなら焚き火台の方が便利
  • どうしてもBBQコンロがほしいなら卓上コンロ

まとめますと、こんなところですが参考になりましたでしょうか?

それでは、楽しいBBQやキャンプをお過ごしください^_^