モンベルのシステムパッドとシステムエアパッドのどちらがいいのか?これは迷う

どうも!モンベルストアで物色してきたUrasamです。

寝袋はイスカのダウンプラス レクタ500とモンベルのダウンファミリーバッグで迷っていますが、実際に見てきておそらくモンベルを買うことになるんじゃないかと思います。

ダウンファミリーバッグは快適使用温度が-3℃なので11月までは難なく使えそうという理由です^_^

今回はモンベルストアでダウンファミリーバッグの品定めの際にマットも見てきました。

U.L.コンフォートシステム パッド(以下パッド)とU.L.コンフォートシステム エアパッド(以下エアパッド)が良さそうです。

ということで、店員さんに色々と伺ってきましたのでまとめていきます。

パッドとエアパッドの違い

パッドはウレタンと空気で膨らむタイプです。

ウレタンの断熱性能と空気による柔らかな寝心地を両立したものだそうです。

栓を開けると自動的に膨らむそうですが、膨らみが足りない場合は人間が空気を吹き込みます。

エアパッドもある程度自動で膨らむそうですが、こちらも人間が空気を吹き込む必要があります。

寝心地はどうなのか?

実際に寝てみると、どちらも寝心地は良いですね。

パッドは見た目が薄いので「大丈夫かよ?」と心配になりますが、意外とクッション性があり銀マットの上にこれを敷くとさらに寝心地が良くなります。

店頭に設置されていた石ころベッドで試しましたが、石のでこぼこ感はほとんど感じませんでした。

エアパッドはクッション性がかなりよく、寝心地はエアベッドそのものでした。

こちらも石ころベッドで試しましたが、でこぼこ感は全く感じませんでしたね。

ただエアベッドの寝心地がボヨンボヨンして嫌と感じる人もいるようです。

買う前にしっかり試した方がいいですね。

断熱性はどちらがいいのか?

断熱性はU.L.コンフォートシステム パッドの方がいいとのこと。

ツーリングキャンパーの人たちはこのパッド一枚で寝ている人が多いそうです。

ただどちらもマイナス気温の場合でも使えるそうですが、銀マットやEVA素材のマットを敷くと快適になるそうです。

暖かい時期は一枚でOKだけど、寒い時期はプラス一枚といったところでしょうね。

耐久性はどうなのか?

耐久性が高いのはパッドの方です。

どちらも穴が空いてしまうと使えなくなりますが、エアパッドの方が穴が空きやすいらしい。

エアパッドは比較的デリケートな部類に入るでしょうね。

どちらも修理キットが付属されているので、小さな穴くらいは修理すれば使い続けられますが…

収納時のサイズは?

パッドは150であればφ11×25cmで、エアパッドは150でφ10×21cmになりますので、どちらもかなり小さいです。

ただ、一度使用すると膨らむためこのサイズよりも若干大きくなってしまうようです。

しっかり空気を抜くコツがあるそうなので、パッキングがシビアなキャンパーは頑張って収納しているみたいですw

180cmと150cmのどちらを選ぶべきか?

一番売れるのは150cmのようです。

これは枕を使う部分はマットが必要がないため150cmで十分だそうです。

僕の身長は173cmなので150cmのタイプを買って枕を使えばちょうど身長に合う感じです。

実際に180cmを買った人は150cmでも問題なかったなと思う人がちらほらいるそうです。

よっぼど高身長でなければ150cmが良さそうですね。

2017年で新モデルに

このシリーズは2017年の春に新モデルになります。

エアマットの大きな違いは凹凸が縦から横になります。

横になることでクッション性がさらに高くなるそうです。

また、旧モデルは長方形ですが、新モデルはマミー型の寝袋のように頭と足の横幅が小さくなります。

最後に

僕が想定している使い方は、インナーマットの上にこのマットを敷くことを想定しています。

インナーマットだけでは背中が痛いということもありますが、車載に制限があるので、かさばらないスリーピングマットが必要というのが最大に理由です。

ルーフキャリアを買ってEVAマットにする手もあるので財布と相談ですね…