アウトドアでの虫除け対策!蚊やブヨなどから身を守る6つのポイント

どうも!虫嫌いの嫁さんと蚊に刺されるとメッチャ腫れてしまう息子を守るため日々研究に勤しんでいるUrasamです!

ゴールデンウィークにキャンプに行く予定があるので、5月の高原と言えど蚊やブヨなどがいるのでしっかり対策して行こうと思います。

キャンプでの危険な虫はこちらで紹介していますので参考にしてください。

知っておきたい危険な生き物【山編】
キャンプを安全に楽しむために、知っておいてほしいのが危険な動物や植物がいるってこと。 今回は山でキャンプするときに気をつけたい危険な動植物を紹介します。 …

ということで、今回はキャンプなどアウトドアでの虫除け対策特集です^_^

対策方法を4つのジャンルで紹介していきます。

服や肌につけるタイプの虫除け

比較的お手軽に虫除けができるので、虫対策で真っ先に頭に浮かぶ方法ではないでしょうか。

市販の虫除けスプレー

有名どころの製品はサラテクトなどですかね。

虫除けスプレーにはディートという成分が入っていて、ディートは赤ちゃんや子どもに悪影響があると言われています。

子どもに使うときはディートが入っていないものを選んでください。

一般的な虫除けスプレーは主に蚊を対象にしているので、ブヨには効果がありません。

パーフェクトポーションという製品があるのですが、これはブヨにも一定の効果があります。

さらにディートが含まれていないため赤ちゃんや子どもにも使えるので安心して使えますのでおすすめです。

ただちょっとお値段が高いです…

嫁さんと息子はガンガン使ったので虫に刺されませんでしたが、貧乏性の僕はケチって使って虫にさされてしまいました^_^;

自作ハッカ水スプレー

ブヨにはミント系の虫除けが効きますので、僕は「ハッカ水スプレー」を自作しています。

自作と言っても混ぜるだけなので3分程度でできちゃいますよ!

材料は1,000〜1,500円前後ですべて揃ってしまいますし、たくさん作れますのでガンガン使って問題なし^_^

さらにテントやサイトのいたるところにスプレーすると虫が寄ってこなくなるのでおすすめです!

ハッカ水スプレーの作り方

材料
  • スプレーボトル100mlタイプ(100円ショップで購入)
  • ハッカ油(薬局で購入)
  • エタノール(薬局で購入)
  • 精製水(薬局で購入)

スプレーボトルは100円ショップで購入します。

エタノールはハッカ油と精製水の親和性を高めてよく混ざるようにするために使います。

この材料で大体スプレーボトル20本程度作れますね。

作り方
  1. スプレーボトルにハッカ油 20滴くらい入れる
  2. ハッカ油は油なので水と混ぜやすくするためにエタノール 10mlくらい入れる
  3. ガンガン振ってよく混ぜる。
  4. 精製水 90mlくらい入れてガンガン振ってよく混ぜる

僕の場合、ハッカ油が1mlだとスースー感があまりないので結構多めに入れちゃってますw

つけた感って大事です!

ちなみにいつも作るときは目分量です(超テキトーw)

置くタイプの虫除け対策

渦巻き香やノーマットは虫除け対策に有効ですね。

渦巻き香

蚊取り線香でもいいのですが、キャンプやバーベキューなどで使うのであれば「パワー森林香」という製品がおすすめです。

林業者などプロが使っているぐらいですから、効果は折り紙つき

蚊取り線香との違いは、蚊取り線香は蚊を殺すのですが、パワー森林香は寄ってこなくなります。

よくよく考えてみると外で使うのに蚊を殺す必要はないですよねw

パワー森林香は煙の量がとても多いのでアウトドアで使うにはぴったりです。

僕は、子どもがうっかり触って火傷しないように渦巻き香携帯ケースに入れてサイトの3箇所〜4箇所に配置しています。(僕ら界隈では魔法陣と呼んでいますw)

おすすめの配置は、タープやリビングに1つ、焚き火台付近に1つ、風上に2つの配置です。

パワー森林香はブヨにも効果があるので(蚊取り線香は効きません)必需品と言っていいでしょう。

ケースは必須ではありませんが、ソリッドステークに引っ掛けて使っているキャンパーをよく見かけますね!

ノーマット

テント内に蚊が入ってしまった場合は殺す必要がありますね。

ですから僕は電池式のノーマットをテント内で使っていますよ。

睡眠を邪魔されないのでとてもおすすめです!

蚊取り線香をテント内で使うと火事の危険がありますので使わないように。

最終手段として

キャンプ場には蚊やブヨ以外にもハチやアブといった虫がいます。

テントの中に入ってしまうと追い出すのも大変です。

その時のために殺虫剤を持って行くと安心です。

服装で虫対策

長袖長ズボン

虫対策としてとても効果が高いのが長袖長ズボンを着ることです。

ブヨは地面にいるので足首を狙ってきます。

ですから靴下もしっかり履いておけばブヨに刺されることが格段に減ります。

夏は暑いのでどうしても半袖半ズボン+サンダル(裸足)になってしまいがちですが、極力長袖長ズボン+靴がおすすめ。

黒い服や濃い色を避ける

ハチは黒や紺など色が濃いものに攻撃をしてくる習性があります。

できる限り淡い色の服を着るのがいいですね。

スクリーンタープで虫除け

費用がかかりますが虫除けとしては最強です。

ブヨや蚊はもちろんのこと、夜になると蛾も寄ってきますので虫嫌いの人にはおすすめです。

スノーピークのメッシュシェルターのような多くのメーカーからスクリーンタープが販売されています。

僕の嫁さんは虫が大嫌いなので、スクリーンタープがないなら行かないとまで言われランドロックを買った次第です。

テントとスクリータープがセットになったツールームテントは、外にでなくてもテントとタープを行き来できるのでおすすめ。

その他で注意すること

靴やバッグに潜む危険

靴やバッグにムカデなどが入っていることがあります。

うっかりムカデが入った靴を履いてしまったり、バッグに手を入れてしまうと痛い目にあいますので注意してください。

ムカデに噛まれると小一時間は動けなくなるくらい強い痛みを味わうことになります。

車の開けっ放しに注意

車の窓やドアを開けっ放しにしておくと、知らないうちにハチやブヨなどが車内に入り込んでしまうことがあります。

それを知らずに運転してしたら刺された噛まれたで大変なことになります。

ハチの場合事故になりかねないので注意してください。

【おまけ】効果なしの虫除け製品

僕の経験での範囲ですが効果がなかった虫除けを紹介します。

蚊ですら寄って来るんですから、当然ブヨ対策にもなりませんので注意。

虫除けアロマキャンドル

虫除けアロマキャンドルは効果がありませんでした。

山にいる蚊はハングリーなのでものともしませんね。

むしろおびき寄せているんじゃないか疑惑まで浮上してますw

効果は「ええ香りだ〜」って和むくらいでしょうか。

虫除けアプリ

もう「冗談でしょ」ってくらい効きませんでしたw

高周波音で虫除けができるとのことでしたが、庭にいる蚊ですら除けてくれません。

チューチュー吸われているところで鳴らしてみましたが、がっつり吸われました^_^;

高周波音が虫に効くという話を聞いたことがあるので試しましたが、調べると科学的根拠がないとのこと。

虫コナーズ系

玄関先に吊るしておきましたが、これもまったく効きませんでしたね…

虫コナーズに蚊が止まって休んでましたよw

消費者庁に注意された製品だけありますね〜

キャンプじゃ話になりません…

最後に

参考になりましたでしょうか?

管理されたキャンプ場だと言えど危険な虫はいますので、しっかり対策と準備をして楽しいアウトドアライフを過ごしてくださいね!