焚き火マスターへの第一歩!焚き火の薪の選び方

焚き火マスターへの第一歩!焚き火の薪の選び方

焚き火をするのに必要な薪。現地で薪を拾うとなると大変だから、お世話になるキャンプ場や近場の燃料店、森林組合が運営している薪売り場で買うことがほとんど。それで、いざに買うとなるとスギやらカシやら薪にも種類があって初心者にはさっぱり違いがわからないよね。僕もしっかり覚えていないから薪についてまとめてみました!

針葉樹と広葉樹で燃え方が違う

簡単に言うと、やわらかい木(主に針葉樹)は火がつきやすいけど煙が多くてすぐに燃えつきちゃって、かたい木(主に広葉樹)は火がつきにくいけど煙が少なくて火持ちよくて火力も強いです。だから、針葉樹で焚き付けてから広葉樹で調理したり暖をとるとGoodだね!

薪に使う木の種類と特徴

名称 かたさ 火つき 火持ち 火力
マツ やわらかい つきやすい 短い 強い 多い
ヒノキ やわらかい つきやすい 短い 強い 多い
モミ やわらかい つきやすい 短い 強い 多い
スギ やわらかい つきやすい 短い 強い 多い
キリ やわらかい つきやすい 短い 強い 少ない
ヤナギ やわらかい ふつう 短い やや強い 多い
クワ やわらかい ふつう 短い やや弱い ふつう
ナラ かたい つきにくい 長い 強い 少ない
カシ かたい つきにくい 長い 強い 少ない
クヌギ かたい つきにくい 長い 強い 少ない
クリ かたい つきにくい 長い やや強い 少ない

地方によって手に入りやすさが変わってくると思うけど、静岡や山梨あたりだと、だいたいスギとナラ、カシを置いてあるところが多いから、僕はスギで火をつけてナラかカシでまったり焚き火してます。マツはホームセンターに売ってて使ったことがあるけど、火力は強いけど煙が多くて扱いが難しい印象。

薪を買う時の注意点

薪の保存状態によっては湿っていたりするから燃え尽きが悪く温度が上がらないため煙多めの焚き火になりやすい。特に梅雨の時期になるとしっかり水分吸っちゃってて薪の表面は乾いていても中は湿っていることはよくあります。日が当たるところや風通しがいいところに置いてある薪であれば乾燥している可能性が高く、角に置いてあるものはなるべく選ばない方が無難かな。

もし湿った薪を買ってしまったら焚き火の近くに置くと思った以上に乾きます。その時は薪が燃えないように注意してね。

キャンプ場での保管方法

薪を地面に置くと湿りやすいです。雨の日は車の中に置いておけば安心だね。ただ薪についている木屑などが車内に散らばると掃除機かけてもなかなか取れないから必ずビニール袋やレジャーシートを敷いてその上に置こう。僕の友達の車の中は薪から出た木屑で大変なことになってました(笑)

あと、寝る時は車内かテント内にしまっておこう。雨で濡れたり朝露で湿って火付きが悪くなるからね。ベテランキャンパーが使ってる薪用のアイアンラックが渋くてカッコいいから欲しいけど、聞くと自作している人が多いんだとか。