クーラーボックススタンドは必要?代用できる4つのアイデア

どうも!クーラーボックスのスタンドはいつも角材を使っているUrasamです。

夏場は特に地熱の影響を受けやすいので、保冷時間を高めるためにクーラーボックススタンドを使用するのがいいのですが、このためにだけに買いたくないってのが正直なところ^_^;

買って損するアイテムのカテゴリに入りそうな予感がしますw

ということで、今回はクーラーボックスは必要性と代用できるアイデアを考えていきます。

クーラーボックススタンドの必要性とは

クーラーボックスは地面に直置きすると地熱の影響を受けて保冷時間が短くなってしまいます。

そのためにスタンドを使って地熱の影響を受けないようにしましょうってところです。

また、スタンドにより腰を曲げなくてもクーラーボックスから食材などを取り出せるメリットがありますね。

多くのメーカーが販売しており3,000〜6,000円くらいします。

このためだけに買うには決して安くないので躊躇してしまいます^_^;

我が家は必要なしと判断

我が家ではクーラーボックススタンドは必要なしと判断しています。

その理由は、

  • 小さい子どもが倒してしまう恐れがある
  • 頻繁にクーラーボックスを開けない

が挙げられます。

小さい子どもが倒してしまう恐れがある

クーラーボックスは飲み物など重いものが入っているため、高い位置から倒して落下したときに子どもが怪我する恐れがありますね。

頻繁にクーラーボックスを開けない

頻繁にクーラーボックスを開けることがないため、腰を曲げて取り出すのが大変だと思ったことがありません。

腰痛持ちの人には助かるのかもしれませんが。

代用できる道具

ユニフレームのフィールドラックで代用する

汎用的に使える道具で代用できるものを探してみると、ユニフレームのフィールドラックが使えますね。

フィールドラックは耐荷重が30kgあるので大きいクーラーボックスでも乗せられますね。

価格は4,000円弱なのですが、スタンドだけの価格としてみるとちょっと高いです。

しかし寒い時期はラックとして使えるのでクーラーボックススタンドを買うよりかはよさそうですね〜

角材を2本使って代用する

これは僕が実際に代用している方法です。

20×3×3cmの角材を2本をクーラーボックスの下に入れて空間を作っています。

角材自体はホームセンターで500円もしませんし、僕は近所に材木屋があるのでその廃材をいただいてきたので0円ですw

この高さでは地熱の影響を受けてしまうようですが、スチールベルトクーラーなら7月キャンプでも3日目の昼まで氷が残っています。

ちなみに角材を忘れてしまった場合は薪で代用しています。

断熱材を下に敷く

銀マットなどの断熱材を下に敷くのも効果がありますね。

銀マットを敷いてから角材を使えばより効果が高くなるでしょう。

しっかり作りたい人はDIY

板材を2枚に切り込みをいれてX型にするのもいいですね!

材料費は200円程度です。

最近はホームセンターで自分で加工できる(無料で道具を利用できる)ところもあるので便利です。

最後に

フィールドラックは別の用途で3つ買う予定なので、1段余ったらクーラーボックススタンドにする感じになるかもしれません。

DIYでX型のスタンドを作ってみるのもおもしろそうですし、板2枚だけなのでコンパクトですね。

貧乏だと知恵が出ますね^_^ 貧乏でよかった〜(嘘w)