2017年 新製品LOGOSグランベーシックがいい感じ♪トンネルドーム XL-AGに物欲センサーが反応!

どうも!アイボリーや白系のテントが欲しいけど、ランドロックを前シーズンに買ったばかりのUrasamです。

2017年の各社の新製品はグランピングの流れか高級感が強いものが多いですね!

スノーピークのアイボリーラインもとても魅力的^_^

今回はLOGOSの2017年の新製品の新シリーズ「グランベーシック」がとてもいい感じなので僕の物欲センサーがピコンピコンしてますよw

今回は特に気になったテントとチェアの情報をスペックを見ながら、どのようなものか考察してみます。

トンネルドーム XL-AGの概要

これはいわゆるトンネル型やカマボコ型と呼ばれるテントです。

ドッペルギャンガーが人気の火付け役になったトンネル型のテントは2017年も引き続き人気になることでしょうね。

2016年もちらほらトンネル型テントを使っている方を見ましたので、2017年はもっと多くなるんじゃないかと。

幕体はポリエステルオックスフォード生地

トンネルドーム XL-AGはポリエステルオックスフォード生地なので丈夫そうですよね。

幕体は白色なので汚れが気になるところですが、コットンより汚れを落としにくいのではないのでしょうか。

実際に店頭に並んでからしっかりチェックしたいところです。

高い耐水圧

フライシートの耐水圧が2000mmなので高いです。

豪雨時の水圧は1500mmなので豪雨になっても雨漏りは大丈夫ですね。

フロアシートが3000mmなので地面に雨による水浸しになったとしてもインナーテント内の水濡れも問題ないでしょう。

設営時のサイズ

設営時のサイズは515×290×203cmということなので、3人であれば快適に過ごせそうです。

4人だとリビングが窮屈になりますね。

中型のツールームテントのスノーピーク トルテュPro.やトルテュライトは580×360×205なので、これは小さいツールームの部類になりますね。

コンパクトなツールームテントが欲しい人にぴったりなサイズです。

サイズを考えると比較対象は、

  • スノーピーク トルテュPro. or トルテュライト
  • キャンパルジャパン(Ogawa)シュナーベル5
  • コールマン テント ラウンドスクリーン2ルームハウス

のあたりでしょう。

小さめの区画サイトでも設営に困ることはないので、これからファミリーキャンプを始める人や区画サイトでキャンプが多い人に人気が出そうです。

設営の難しさ

ドッペルギャンガーのカマボコテントと同じ手順で設営できそうなのでトンネルドーム XL-AGもおそらく簡単でしょうね。

ペグの本数は公式サイトの書いてありませんでしたが、フレームも3本なのでペグダウンの本数もツールームテントの中では少ないと思います。

慣れてしまえば30分以内にできると予想できます。

フレーム素材はジュラルミン

フレームには超軽量素材のジュラルミンが使われています。

強度としてはそこそこありますね。

ジュラルミンの劣化が比較的早いので、耐用年数が気になるところです。

比較的低価格

トンネルドーム XL-AGの定価は89,640(税込)なので、その他のツールームテントや性能を比較しても低価格です。

LOGOSは値引きされることが多いので、実勢価格はもっと下がると見ています。

発売後の価格が気になるところですね!

気になる発売日は?

今のところは2017年の春という情報しかありませんが、3月〜4月くらいには発売されるのと予想しています。

最後に

店頭に並んでから質感など細かいところをチェック

最近のトレンドでもある白色のテントでしかもツールームでコンパクトってなると、子どもと父親の2人でキャンプで活躍しそうですよね。

僕の息子はまだ2歳なので父子でキャンプはまだ先になりそうですが、とても楽しみにしています。

LOGOS自体は低価格なのに性能も高い製品が多いので愛用しています。

メイプルリーフのロゴが個人的に好きです!

夏用のシュラフがLOGOSということもあり、他にもちょこちょこLOGOSの製品を持っています^_^

グランベーシックの登場でさらにLOGOSに人気が出るのではないのでしょうか?

今後のLOGOSに期待です!